pre・marital
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/04 ←  → 2018/06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
伴奏曲

 ひとは移ろいでいくものだ、

 変わらずにいることは自らで気づいていないだけで変わっていっている。

 

 いつしか疎遠になってしまう。

 あのときはよかったが今ではどうであろうか、

 重ねていく年月はときにひとを醜いまでに歪ませきる。

 それが想い出でもあれば思い出でもある。

 

       ※

 

「ジョン!」

 あずさの声にジョンが振り向いた。

 相変わらずのぶっきら棒なジョンの言い草ですらあずさは気にしない。

「あのね」

 今日はなにを話そうかと思いながら丸々敷地ではなく領土になっている屋敷内への入り口は途方もなく遠い。

「国境を越える」

 あずさは薄れゆく意識のなかで海原《かいばら》の声を聞いていた。

 あのとき凄い爆音がした。

 ハイジャクされた船内の出来事がなぜ今に繋がるのか、

「殺さずにおいてやったのだ」

 その声もあずさの記憶のなかにあった。

 

 

       ◆

 

 

「それで」

 取材にあたる安藤は年老いた神父に身を乗り出した。

 有名なリゾート地のある島で逸話を通りこした神話にすらなっているエピソードを聞き、堪らず安藤は取材に訪れていた。

 神父は目を細め、懐かしさに記憶を辿っている。

 三流ジャーナリストである安藤といいたいが自称に近い。

 これといった経歴もないままにいつしか安藤はジャーナリストになっていた。

 収入が不安定ではなく収入がないに等しい。細々としたサイト収益のみが安藤の年収といってもいい。

 荒くれていた安藤がジャーナリストになったのはたまたま投稿した記事がニュースサイトに掲載されたことがライティング歴の始まりだ。

 まさにビギナーズラックであった。

 なかなか史実を報道しようとしないメディアに安藤はブログを作ることで今のなにかを伝え続けるが、幸運はそうも続かない。

 ほとんど来訪者もいないブログを更新しながらのその日暮らしだ。

 なんの目的意識もなく、ただ流されるように生きてきた安藤にとってはそれでもよかった。

 たった一人でも、今の惨状を伝え続けるのはただの自己満足でしかない。

 たまたま訪れたIPが、おかず探しであったとしてもそれが今のインターネットだ。

 日本には裕福な暮らしがある。

 しかしこの島にはない。ただ圧倒される自然しかないこの島を狂気と恐れられた海原を変えた日本人女性がいた。

 飛べば落ちるのが飛行機なら船は沈むものだ。

 報道されないだけで旅客機の事故は多い。

 安藤がたまたまこの伝説を聞いたのは不法滞在をしている外国人からであった。



小説ブログ 恋愛小説(純愛)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/12/08 - Mon - 08:20)
  CATEGORY( 伴奏曲)
涙の笑顔 15

 

 女性にとって老いを感じることは辛いことだと思う。

 でも悪いことばかりではない。

 今持ちえている感情は過ぎし日々から会得したもの。

 よく言うじゃない。

 生き方が顔にでる。

 今の若い子達は都合のいい情報しかみない。

 生きることに無頓着で遊ぶことだけしか考えていない。私は綴ることで色々なことを考える。自分が十代のときに年齢を重ねた自分が訪れることがないと思っていた。

 おかしな話だよね。

 時計の針がカチコチとそのひとに与えられた寿命を削っていくのに未来永劫若いままだと思い込んでいる。

 歴史は繰り返す。

「どけよババァ」

 その言葉が怖いまでにいつか自分に返ってくる。そう考えると年齢を重ねることが楽しいと感じない?

 年齢を重ねるごとに否定的にネガティブになりやすいけど探究心を忘れない。

 それが一番大事なことだと私は思う。

 

 私の鞄には変な虫がよってこないように水晶を袋に入れてアクセサリー代わりに持っている。霊能者が性格を予見したあとにパワーストーンをそのひとにあわせて作ってくれるが私は石負けをして家の中に置いてある。

 パワースポットと聞くといいことがありそうだけどそれに負けると病気になる。

 楽をして運気を上げることは無理。

 なんでもかんでもと努力が必要だよ。縁起担ぎもいいけどパワースポットは魂を鎮めに行ったり試練を貰う場所。

 もちろん観光名所として回ってもいいが本当の回り方をしないほうがいい。

 私にパワースポットを教えてくれた美容師さんは精神的に病んだ。

 未知なる冒険をしたいと口癖に行っていたが面白半分で回るものではない。

 美容師さんにパワースポットを教えてもらうと同僚と何度もいったがその同僚も精神を病んだ。

 夜中に興奮して電話をかけてきたりともう大変だった。

 あと、そうそう。

 これは隠れた情報。

 伊勢神宮のように誰もが知っているところなら未だしもパワースポットを捏造したところもあるから気をつけて。

 そうそう簡単に神がかりな神々しさをみられる場所はない。安易に神に触れるのは危険。

 自分に厳しいところがないと精神的に負けちゃうよ。

 だから本当のパワースポットの回り方を教えている人は少ない。

 それだけ危険な行為だから。

 ただご利益に預かりたいと伊勢神宮などに参拝に行くのは大丈夫だから安心して。

 精神的に負けると鳥居をくぐって入ってきたのに鳥居から弾かれるようにして外側から出てしまうこともある。



小説ブログ 恋愛小説(純愛)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/10/17 - Fri - 18:19)
  CATEGORY( 涙の笑顔)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。