pre・marital 狂い咲き
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/11 ←  → 2019/01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
狂い咲き 238

 男性のこういう浅ましさをこうも露骨にみせられると結婚したいは良識のある男性と結婚したいになる。

 まさか彼も若い女の子を連れてデレデレしてたら許す以前ではない。

 ただ性産業においても無理やり屁理屈を並べたらその女の子達はこの不景気に貢献をしている。

 濡れ手で粟にしたお金なんて稼いだ感覚がないから簡単にパー! と使い切ってしまいそう。

 ニートであれなんであれ、生きていることは社会にとって立派な消費者でもある。

 経済は淀んだ沼であってはいけない。

 流れ続けることに意味があるが、どこでその流れが堰き止められたのかと考え出すとその流れはけして堰き止まっていない。

 ただ生活水準を下げられないバブルの人達が「不景気だ」というからそれに感化されただけの社会だ。

 バブルの人達はまだ学歴が中卒でも就職に困る時代ではなかった。

 それをすべて横並びにしてしまった。バブルの頃の常識で子供と接するから可笑しなことになる。

 なんでもかんでも日本人って形式だけよね、

 学歴はあげることをできるが下げることはできない。

 一世紀は履歴書のない社会にしてしまわないと、この大きく歪んだ歪みは訂正できないだろう。

 私はパソコンがどこにあるか探す。

 確か彼の書斎に置いてあった気がする。

 ドアを開けるとまさに図書館だ。

 頭がショートしそうな本もあれば私でも読めそうな小説から全巻揃っていないけど漫画もある。

 懐かしさに大人買いした中古書店で買ったそのままが置いてある。

 彼が読んだ気配はない。

 そのまま置いてあるといった感じで彼の趣味というのか好きな世界観を覗ける漫画では残念ながらない。

 これ、私も読んだことあるなと思うものもあるが、ごちゃごちゃ過ぎて彼をからかうネタになることはない。

 パソコンの電源を入れるにもパソコンの電源ってどれかわからないこともある。

 探していると私は誰かの気配に後ろを振り返った。

 怖いとか、それこそお化けがでた、その恐怖とは大きく違う。

「あなたね」

 とても穏やかな声が静かに私に歩みよってきた。

 辺りを窺い、気のせいかと私は見つけたパソコンの電源を入れた。

 内心ここに、彼の意外なからかいネタがあったりしてと思ったがパスワードを入力する必要もないままパソコンはバーチャルへと繋がった。

 履歴などを覗いたが、一発で私の頭がショートした。



>> Back |Next >>



1か月分のみの記事をまとめて見る。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト


TRACKBACK(-)  COMMENT(0)   EDIT   (2013/08/01 - Thu - 01:22)
  CATEGORY( 狂い咲き)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。