pre・marital 邂逅
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/10 ←  → 2018/12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
邂逅8

 私は店長に肩を抱かれ、助手席に座った。

 どこに連れていかれるのだろうか。

 不安な気持ちで俯いていると「絶対にセックスはしないから縛らせて欲しい」と店長は私に言った。

 SMはなにも痛いばかりじゃない。恥ずかしいことを強いることでもない。

 店長が求めているのは、私を従わせるばかりの単調な関係でなく、SMには色々な形があることを店長は説明してくれた。

 だけど私の乏しいSMの知識では店長の説明の半分もわからない。

 店長は車を走らせながら、「なにか食べたいものある?」と聞いてくれたが、あまりの緊張に私はなにも食べたくない。

「店長は?」

 思い切って店長に話しかけると、くすぐったそうに笑い、「美咲」と言った。

「どこか行きたいところある? 俺が連れていく場所が気に入らなかったら困るしな」

 こうして話す店長は、いつもと変わらない優しい店長だ。

 黙って俯いていると、車は山中に向かいだしていた。

 どうしよう、怖い。

 でも、行きたい場所が思いつかなければ、セックスがしたいだけなら、どこだってセックスはできる。

 店長がその気になれば、車内で強引に関係を求められることだってある。

「美咲、変なことを考えているだろう」

 思わず俯く私に店長は笑みをむけてくれた。

「時々来るの?」

「覗きにね」

「覗き?」

「よく、野外でカップルが楽しんでいるのを覗きには来るよ」

「嘘、本当は色々な女性を連れて来ているんでしょう」

 店長は笑いながら、「嬉しいな、なんだか焼きもちを妬かれているみたいで」

 上手く店長に私は誤魔化されたのだろうか。

 思わず私は顔を赤らめた。

 あの身体が疼いて仕方がない指先や舌先、多くの女性遍歴を語りかけているようにしか思えない。

「よし、コンビニによって行こう。トイレも念のために行っておこうか。美咲の恥ずかしいところ見せてくれるなら嬉しいけどな」

 私は俯いたまま、なにも店長に聞けなかった。

 店長なら素敵なひとがいても可笑しくない。

 助手席のドアを店長が開けてくれた。

 戸惑いながら降りると、店長は辺りも気にせず抱きしめてくれた。

「美咲だけだから」

 憎らしいほどのプレイボーイだ。

「やだな、その目、俺を信じてないだろう」 

 そのまま店長は私を連れてコンビニの店内に入って行った。

 トイレに行くと、数本ドリンクを買う。車は迷わず、目的地に走り続ける。

 どんどん車は山深いところに入り込んでいっている。

 逃げ出したくなるほどに怖い。

 どこまで行くつもりだろう。

 不安に思いながら、私が外を眺めていると、ようやく車が止まった。



>> Back |Next >>






TOPはこちらから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2013/08/22 - Thu - 14:16)
  CATEGORY( 邂逅)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。