pre・marital アウトレイジ9
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/08 ←  → 2018/10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
アウトレイジ9

 どう次を切り出そうか、仁は少年を見ながら考える。

 周りの仲間が「やめておけよ、あんなチビ!」

「でもさ」

 仁はお得意の「いくっしょ、やるっしょ、どうにかなるっしょ」と左右に方向と変え、ぐるりと一回転してみせる。

 じっと少年を見ていたのは仁ばかりではない。椎名も見ていた。高橋は訝しげな顔をしている。

 小林もまた、どうしたものかと思案していた。

 少年の噂はこの界隈にまで流れ込んでいた。

 教師であることを盾になんらかの事件を起こした。

 貧困層が集められた特殊学区でのトラブルと考えたらなんでもありだ。

 誰かを護ろうとしてその教師を教室にある椅子で少年は殴りつけた。

 今であったら間違いなく少年は逮捕されていたであろう。でも少年はそれが正しいことであることを立証してしまう。そう小林はこの案件を睨んでいた。

「殴ってわからせます」

 バカな母親はそんな言い草しかできないものだ。殴ってわかるのなら刑罰などいらない。

 この少年に必要なのは理由だ。

 他の組織がここに少年がいると知れたらこぞってこの少年に声をかける。

 校長の態度に立腹した少年はポリタンクを手に校長室に押しかけたのではない。

 白々しいポリタンクでなんらかの液体をばら撒く。相手が縛られていたらそれはできる。しかし相手が自由なら逃げることができた。

 少年はどうしたか、

 ここでこの少年の名前が一躍した。

 この少年の父親はノミ行為や賭博で紙面に載る父親であった。今で言う闇金などで金をも借りていた。

 召使に頭を下げられるのではない。

 室内から外にでると借金の取立てがうろうろとしていた。

 差別戒名とはよくいったのだ。

 本家から蹴られた元本家であっても背後に大物政治家などがいる。

 なかなか手がだせないでいる父親に反した子供だからこそ周りがこの少年に目をつけていた。

 空腹であるのに、媚びない、詫びない、従わない少年。

 それにたいして弟はどうかというと万引きを繰り返していた。

 百年に一度の大物参謀と化すか否か、

 参謀といっても知略戦に優れているだけでは駄目だ。

 色に反し、金に屈しない。

 この少年はどうであろうか、知略を得意としているのは校長室での放火の一件で明白だ。

「是非、この少年を組織に」

 しかし少年は誰にも媚びなかった。従うことすらもしない。

 着火点を考え揮発の流れ、自らが火傷をしないように、簡単に放火といっても相手を前にすれば無理なことが多い。

 すべてを鑑みた少年は天才的といえた。




>> Back |Next >>



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2013/08/28 - Wed - 20:07)
  CATEGORY( アウトレイジ)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。