pre・marital 邂逅16
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/08 ←  → 2018/10
123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
邂逅16

 問題は入金確認のメールがいつ届くかだ。

「まだかな」

 メールボックスを自宅に帰ると私は覗き続ける。やっぱり早くても明日かな。ぼんやりしているとメールの着信に私はベットから起き上がった。

「なーんだ、スパムか」

 諦めかけた頃、入金確認のメールが届いた。

 私は早速ログインすると無数にある中から探し始めた。

 有料会員でなければ見られないものもこれで堂々と見られる。

 しかしなかなかこれといったものが見つからない。

 思った以上に人妻ものが多い。もちろん好みもシチュエーションも様々だけど、できちゃった結婚をした友達を見ていると、そんなに人妻ってそそられるのかしら。

 子供が産まれてから見事、二十キロは軽々と太った。痩せたいらしいが食べてばかりだ。

 それでも人妻好きには堪らないのかしら。

 しかしどれもこれもと飽き飽きとしてきた。

「やっぱり遊ばれたんだろうな」

 なにかをしていないと落ち着かない。

 考え込んでもしかたがないが店長は私との約束をしっかりと守ってくれた。

 私の恋愛はいつも片思いばかりだ。声をかけてくれる男性はセックスをさせてくれたら誰でもいいのだろう。

 でるは溜め息ばかり。

 店長との山中の出来事は、本当に夢のようだった。

 ただ甘いことを言って私を喜ばせただけかも知れない。いつものようにあっさりと捨てられたほうが、どこかすっきりとしたした。すべてが中途半端で、どこで自分を納得させていいのかわからない。思わず私は涙を拭う。

 しかしこんな内容で、欲情する男性の気持ちがわからない。

 それは女だから思うことかも知れないけど、そう簡単に男性が思うほど男性の好き勝手に女性は付き合ってはくれませんよ。

 でも、これほどなんちゃってが多いということはそういうことなんだろうな。

 私の理想の男性像は父親だ。

 父親は年子である私と姉を分け隔てなく可愛がってくれた。とても優しくて、頼りがいがある。甘やかされて育ったのもあるのだろう。甘えたがりで、時に我侭を言っても笑って許してくれそうな男性が私の理想だ。

 店長をはじめて見たとき、なぜだかわからない。胸がときめいた。どこか父親を見ている気にすらなった。

 とても落ち着いていてこれが大人なんだなと意味もなく思った。

 言葉一つ一つに気遣いを感じた。緊張する私を気遣ってもくれた。

 外見から受ける印象はとても爽やかで誠実そうに感じた。なんで風俗の店長なんてやっているのかわからない。

 山中の出来事も強引なところはあったがすべてが自然の流れに思えた。



>> Back |Next >>







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2013/08/31 - Sat - 12:59)
  CATEGORY( 邂逅)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。