pre・marital 邂逅17
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/11 ←  → 2019/01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
邂逅17

 やっと理想の男性に巡り会えた気がしたのに、次はどんな動画を見ようかと思いながらまた店長のことを考えてしまう。敢えて避けていた排泄のシーンでも見てみようかな。

 私だってセックスに興味がある。今でこそ下火になったがレディコミを恥ずかしかったけどなんどか買ったこともある。しかし私が想像できる範囲だった。動画もまた、私の想像を範囲を超えることはない。ただ「あんあん」言い続ける女性がただのバカに思えてくる。

 もちろん演技であることはわかっているがこんなくだらない動画ばかりだから変な性犯罪が増える。

 それを夢中になって見ている男性をどこか軽蔑したくなる。

 もう少しどうにかできないのかしら、ワンパーンタな、なんちゃってを早送りに私はする。

 そんなこと考えているからアダルト動画なんて楽しめないんだろうけど、飽き飽きしながらサンプルムービーのURLを何気に押した。

「なにこれ?」

 どうしようかなと思いながら、もう一度サンプルムービーを見る。

 怖いけど見たい。

 見たら意外となんちゃってかも知れない。

 幸いWEBマネー決算で見れるけど、九百八十円もする。

 残高はまだあるけど、なんちゃってなら嫌だなと思いながらも、怖いもの見たさに私は負けた。会員登録すると早速カートに入れ決算をすませた。再生をする。

 白々しさは私の想像の範囲だが内容がただのお遊び程度の内容ではなくなってきた。

 これぐらいしてアダルト動画じゃない。白々しい自己満足作品にも似た作品は無料の価値しない。できないことをするからドラマであったり映画だ。アダルトも同じだろう。

 この動画は人気があるのか何作か同じようなものがシリーズ化されているが、シリーズ化されるほどに態とらしくなっていっている。

 これほど過激となると、なかなか撮影に同意しない女優さんが少ないのかも知れない。

 過激ではあるけど、これのどこがSMであるのかが私にはわからない。ジャルンわけがどこかいい加減だな。

 なんちゃってばかりを見てきた私には確かに過激だ。経験すらもしたくはないがこれが観せるだ。男性視点なら面白いと思う。

 耳障りな辱め続ける白々しい卑猥な言葉もない。ただ淡々と女性を追い詰め続けていくことに現実感がどこかある。

 これがもし本当だと仮定したら私なら警察にすべてを話す勇気はない。

 それが本当の性犯罪ではないだろうかと私は考える。

 あまりに無理がある設定のなかでそれなりに「うん」と思える作品を見たところで私は見るのをやめた。大きく背伸びをする。



>> Back |Next >>







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2013/09/01 - Sun - 19:51)
  CATEGORY( 邂逅)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。