pre・marital ソリチュード6
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/07 ←  → 2018/09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
ソリチュード6

 聡が養護施設にいた頃にはずいぶんと意識改革され養護施設から一般家庭に遊びに行くことも遊びに来てくれることもできた。

 十年一昔というが聡が施設に預けられた頃には高校や専門学校へ進学することも難しくはない。

 もし養護施設内で虐待があった場合は子供自らで助けを求める相談窓口もある。

 すべては養護施設内で苦労した全国の養護施設出身者の働きもあれば当時の職員の方々の辛苦などが生きている。まだまだすべての養護施設が改善されたわけではないが六十代前後のひとが言う養護施設に入所させると悪い子になる。

 今はそうではない。

 子供のことを思い入院など一時的な養護施設入所には親が施設内を見学して決めることもできる。

 養護施設はつねに満員のため養護施設を選ぼうと思えば市議員の助けを借りる。

 すべては知識だ。

 聡のように生まれてすぐ養護施設に預けられた場合は夏休みや冬休みに里親のところにいき家族同然で過ごすこともある。

 素行不良で入所させる矯正施設が一部まだ残っているところもあるがその子供達が施設から退所して万引きなどの犯罪行為をしても元々の入所施設の理由が素行不良だ。

 手厳しく職員が児童に指導にあたっても捻じ曲がってしまった性格はなかなか直らない。

 すべてが早期対処。

 家庭内暴力の兆候が見え出したら児童相談所の助けを求め家庭内暴力を体得する前に早々と養護施設に入所させる。

 今は団塊の世代が大幅に退職をしてしまい経験ある職員が少ない。

 聡がまだ養護施設にいた頃は児童相談所職員八人がかりで無理やり一時保護所から養護施設入所となることも多かった。

 養護施設に入所した頃は怒り狂っていたが職員が冷静に話しを聞くと「親が嘘をつく」が圧倒的に多かった。

 そのとき聡は両親がいてもいなくても一緒なんだと思った。

 聡を疎ましいがる児童が多い中で家庭のなんらかで施設入所した子供達は誰よりも優しかった。

 家庭の問題だけで歪になってしまう子供達をみていると聡は複雑であった。

 親と子の繋がりとはなんであろうか。

 聡は再び手にした一輪の花を手に幼い頃を思い返していた。

 その頃、麻衣子はこれからを模索し続けていた。

 なかなか情報があるようでない。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/02/07 - Fri - 12:21)
  CATEGORY( ソリチュード)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。