pre・marital ソリチュード9
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/04 ←  → 2018/06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
ソリチュード9

 交際四ヶ月であっさりと妊娠。

 欲しいひとには子供がなかなか恵まれず、意図しないで軽々と芽生えた未来。麻衣子は不平等を感じずにはいられない。

 尚之の言葉を信じ込んでしまった麻衣子の落ち度は大きい。

 でもこのままですべてを終わらせることなどできない。けしてできるものか。

 大きくなろうとするお腹を無意識にさする麻衣子の中にはしっかりとした母性が芽生えだしている。

 目前の弁護士は一通りを話し終えたのだろう。

 親身でもなければ無愛想でもない。

 どこか見下された感じを受けたが無計画に妊娠してしまった麻衣子の落ち度は大きい。

 この先どうしていいのかわからないまま出産一時金を前もって貸しうけることができる制度を麻衣子は民生子供課で聞いた。

 自宅で一人で産む。

 そのリスクを大きく回避できたことはなによりも素晴らしい。

 好きな病院を選ぶことは限られるが贅沢はいっていられない。

 出産育児一時金直接支払制度。健保組合が直接、出産した医療機関に対して出産育児一時金を支払う。これにより医療機関等の窓口で支払う出産費用は出産育児一時金を上回った額のみとなり、あらかじめ多額の出産費用を用意しなくていい。

 麻衣子は早速手続きをした。

 その次をどうしていいのか、言われなくてもわかっている。

 尚之との対峙であり対決だ。

 このまま泣き寝入りをけしてしない。

 美樹にもその怒りの矛先はむいている。

 今できること、それは新たな未来を抱いたとき「これでよかった」

 そう思えるようにすることだ。

 このまま警察に行ったほうがいいのを麻衣子はわかっている。

 しかし鬼女のようなそんな可愛い生き物ではない。修羅となる。麻衣子は弁護士の話しを聞いて強い決意がこれからの不安を吹き飛ばしていた。

 これからの生活を考えたらどんなに頑張っても半年はもたない。

 それでもなりふり構わず立ち向かわなくてはならない。

 麻衣子を静かに見つめ続ける聡も麻衣子に精一杯の協力をするつもりだ。

 ただ麻衣子がどう動くのかわからない。もしかしたらそのまま警察に行くことだってある。

 いつもにこやかで勝気な印象すらない麻衣子の表情が硬い。

 その表情をみているだけで聡は麻衣子がなにを決意したのか。薄っすらとわかる気がする。麻衣子は手続きをすませるとそのまま警察に行かず自宅に帰った。

 警察に行ったところで半分の確立で相手などされない。

 ただ説教を受けるだけだ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/03/07 - Fri - 22:15)
  CATEGORY( ソリチュード)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。