pre・marital ソリチュード13
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/04 ←  → 2018/06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
ソリチュード13

 聡は携帯電話の発信をきるとまた、身を潜める場所を探す。

 夕暮れ時、まだ働いていてもおかしくない尚之がいることを聡は訝しがった。

 なかなか相手を監視しながら身を潜めることは難しい。

 犯罪が増えた今、防犯意識も高まっている。

 聡が身を潜めていると尚之がでてきた。

 警備員の格好をした尚之をみたとき「そういうことか」と聡は納得した。

 このまま朝まで身を潜めるのが難しいと諦めかけていたときに聡に幸運が訪れた。

 どこの現場で働いているかさえ知れば後は簡単だ。

 聡はまた尚之を追跡する。

 そこで聡は働き出した尚之をみて、ここで間違いないと核心する。メモをした。

 娯楽施設を兼ねた宿泊施設。

 近くに空港がある。

 空港があるお陰でこの近郊は工場なども多い。

 映画館とゲームセンターなどがここにある。

 聡にとって工事現場での警備員では工事が終われば移動する。その繰り返しが警備員だ。

 尚之自身を追う必要はないかも知れないがなにが起こるかはわからない。

 ここの娯楽施設はビジネスホテルを兼ねているため24時間営業。

 三交代制の勤務のため勤務時間はある程度は不規則なのだろう。

 尚之を眺めていると携帯電話が鳴った。

 必要資金として50万を要求された。

 聡は迷わず「明日用意する」と言った。

 そのまま聡は自宅であるボロアパートに戻った。

 菓子パンを齧り麻衣子ではないが聡も生活をさらに切り詰めていた。

 次の日、またサラ金に金を借りなくてはいけない。

 毎月十五万円前後が聡の収入だ。

 肉体労働者と考えれば安すぎる金額だ。「化け物」現場監督にそう言われてしまえば聡はなにも言い返すことができない。

 しかしこのままでは聡も破産する。

 かといって裏の仕事を生業にしたくもない。

 しばらくは麻衣子のことで自由に動きたい。借金は莫大に膨れ上がることだろう。

 すべては麻衣子のため。

 最悪は臓器を売ってもいい。

 聡は覚悟を決めていた。

 次の日、聡はサラ金でお金を借りると言われた場所で接触を試みてくる誰かを待った。

 平日の誰もいない大型ストアのなかの二階。エスカレーター近くにあるベンチで腰掛けて「待っていろ」と指示があった。

 一人の男が聡に歩みよってきた。

 聡の顔をみると男は顔を顰めたが歩みが止まったのは一瞬だ。

 どんな目印よりも聡の顔の傷跡がわかりやすい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/03/15 - Sat - 19:43)
  CATEGORY( ソリチュード)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。