pre・marital 涙の笑顔 10
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/07 ←  → 2018/09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
涙の笑顔 10

「井戸を壊しただけでこれだけの騒動になるものか。お母さんが楽しみにしている心霊特集でも井戸がでてくることがある」

「遅かれ早かれこの騒動は起こった」

「どういうことだ」

「二階の廊下を無理やり隔てて二棟にしたのが遠因。起因は井戸。呼吸できないで苦しんでいる霊や廊下が通り道だった霊道を塞いだ。十分、幽霊が一揆を起こす理由はたくさんある。あとこの車を降りないともっとよくないことが起きるよ。霊って波しぶきみたいに動くから。それが集まり球体をつくると厄介な怨霊となる。その波しぶきが車内で泡をつくるようにして蠢いている。私達にさらに憑りつこうとしている」

「さらにってどういうことだ? 美由紀」

「もう私達の魂を食らおうとする霊が待ち構えている。死んだら魂だけとなる。その魂を食らうのも怨霊。ちょっと彷徨っていたつもりが変な幽霊に捕まって誰かに助けを求めようとする。その現象もここで起こっているよ。つまり死んだら法律も弁護士もいない。その危ない幽霊を弾き飛ばせるのがたぶん霊格。あがる高さが一定よりも高いのかも知れない。魑魅魍魎は這ってでてくるからね。恨みを背負い込みすぎて歩けないのかも」

 父は半信半疑で私の話しを聞き続けていた。

「ねー、なんでも好きなもの食べさせてくれる話しはどこにいったのよ!」

「しかしな」

 私達は車から降りると見事に折れ曲がったボンネットフードに父は大きな溜息をこぼした。

 なんどとなく父はエンジンをかけようとした。諦めきった表情で徒歩5分ほどの会社に牽引を頼めないかと父は助けを求めに行った。

 その場に居合わせた父の同僚らしい数名と経営者。私は経営者をみたときなにか嫌な直感を感じずにはいられない。

 二階で傍観を決め込んだお隣さんがいる。ずっとこっちを見ていた癖に声一つかけない。

 この場に集まった同僚達が「どうしてこうなったのか」を聞いているがさすがに「幽霊が……」とも言えず父は苦笑いをしつつ「昨日うっかり」と誤魔化している。

 父は代車を借りると私が食べたいハンバーガーショップに連れていってくれた。

 いつもガミガミうるさい母はいない。

 レジの前で「そんなに頼んだら幾らすると思っているの!」恥ずかしい叱責もない。



小説ブログ 恋愛小説(純愛)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2014/08/10 - Sun - 02:21)
  CATEGORY( 涙の笑顔)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。