pre・marital アウトレイジ6
プロフィール

どろんちょっ!

Author:どろんちょっ!
小説によっては残酷な表現が含まれる場合もあります。

SMの実体験から創作しております。

カテゴリから最初からも読めます。

セミ作家と活躍中?!です。
こちらはこっそりと運営していたい。名を伏せた。

RSS配信希望の創作サイト募集。詳細は下記に書いてあります。


リンク

小説の匣



にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村




一か月分の記事をまとめて読む。
しおりがないので、ご活用ください。

作品概要

新作ジェンダー、

まさかのレイプ社内レイプを目撃してしてしまった相馬。SM出会い系の相手が片思いの彼女であったとは、物語は意外な展開へ

伴奏曲

狂気と恐れられた一人の男を変えたある島で神話にすらなっている女神、あずさ。壮大なスケールで描くエロスにこだわらない描写。

アウトレイジ

大人向け小説、半自伝小説、底辺のどん底、分かち合い許す。すべてはそこから始まる。

邂逅、風俗店長時代のこれもまた半自伝。

SMのしばりにこだわらない自由な作風へと流れていっています。ブログの不便さを改良した作り、手元で続きが気軽に読めるように新作は改良。続きがない場合はTOPなどになるのは悪しからず!

リンクミス多発、気づくと直してますが可笑しな場合は教えて頂くかスルーしてくださいな。


++- 更新履歴 -++

 ここがお座なりになってしまってすいません。 あれもこれもと書きたいんですが本館で書き出した「淫楽の洋館」こちらにUPしていいのかわからない書き出し。本館では難なく読めます。来年の入稿に向けて走り抜けようとしてます。今年はあと一冊だしたら終わりです。 遥かなる想いも既に出版化。

どこまでこっそり更新できるでしょうかね。2012年10月10日現在




カテゴリ
PR!
最新記事
RSS配信
年別アーカイブ一覧
全記事表示リンク

アクセスランキング

当サイトはリンクフリーです。
RSS記事更新情報のみも、ご自由にどうぞ。アクセス数によっては相好リンクとさせて頂くこともあります。


全ランキング



RSS配信希望の方はメルフォから応募ください。腕試しにどうぞ。厳選された創作のみとさせて頂きます。返信がない場合はお断りとお受け取りください。アダルト不可。リンクが目立つところでない場合は削除させて頂きます。アクセス数が一ヶ月10に満たない場合も削除とさせて頂きます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 



交し合う心の重なりが協奏曲となる。
http://autoreizi.blog.fc2.com/
2018/05 ←  → 2018/07
123456789101112131415161718192021222324252627282930
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (--/--/-- - -- - --:--)
  CATEGORY( スポンサー広告)
アウトレイジ6

 彷徨い歩き続けた仁は真冬に春先の薄手のシャツを羽織ったまま壊れたロボットのように歩き続けていた。

 もしかしたら数日と彷徨い続けていたのかも知れない。

 憎しみに振り上げる拳は子供の感情をがらんどうにさせる。

 親も人間だ。

 ついカッと手をあげてしまうことはあるだろう。

 それと違った大きな暴力は子供を歪に大きく歪ませてしまう。過保護もまた自我を形成しようとする子供の発達を大きく妨げてしまう。

 ピエロなど被虐待児症候群であるアダルトチルドレンは大人になりきれないピーターパン症候群とは大きく違う。

 童心に戻りその一時を楽しむ。

 または子供心を思わせる思考があってもいい。

 情緒の発達はすべてがフラットではない。どこかが勝ればどこかが抜けていも可笑しくはない。それが人間だ。

 なんらかの診断がくだらないでも人格に破綻をきたしてしまう躾けをする親ほど子供が「成人したら関係がない」と言う。

 子供の一生に親がつきまとう必要はないが刑罰において被告の人格形成を問う事件は多い。

 今でこそ生活を考えて子供を一人、または産まない決断をする夫婦もいる。

 年老いて必ず子供が自分の面倒をみてくれる。

 なにを根拠としているのかわからない「子供は二人がいい」

 社会情勢に乏しいものは思い込みだけですべてを決める。

 もちろん経済的余裕があるのなら産めよ増やせよでもいい。

 社会情勢はめまぐるしく変わるものだ。今でこそ母子家庭は蔑視されなくつつある。仮にひそひそとした陰口があってもそれが表沙汰になることは少ない。

 逆をいえば離婚したほうが子供にとっていい教育になることすらある。

 働かない父親、軽犯罪であっても再犯を繰り返す母親など言い出したら切りがない。

 女の幸せは結婚にあると年齢格差はまだある。片親では不憫だたる考えもまだまだある。しかしすべての社会情勢は世代交代をし続ける。

 あの時どうであったのかではない。

 すべては教訓、戦争がそうではないだろうか、じょじょにその根底が風化されつつあるが社会淘汰には勝てないものだ。

 殴られたことがないものに、殴られ続けた幼少期の話しをしても無責任な「可哀想」しかでてこない。

 言う側も伝えるのはいいが後ろを振り返るばかりで教訓にできていないところはないだろうか、

 社会とはそんなものだ、一人が教訓としたところで教訓にできないものは同じ過ちを繰り返す。それが負の連鎖と呼ばれるものだ。



>> Back |Next >>






1か月分のみの記事をまとめて見る。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


TRACKBACK(-)  COMMENT(-)  EDIT   (2013/08/18 - Sun - 06:23)
  CATEGORY( アウトレイジ)
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。